読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年12月9日の話 ラーメン二郎 会津若松駅前店からのラーメン二郎 仙川店

この日は前日以上に酒が残る

ホテルの朝食バイキングなんて食っている余裕は全く無い

今自分に入れれるものは…駅そば

若松駅中のそば処 立ちあおいなる店

山菜そばをチョイス

豪快にフリージングされたそばに熱を入れるBBA

出てきたそばはやや太めで食感はやや寂しいポロポロ千ぎれるもの

山菜はもうちょっと欲しかった 30g程度

汁が個人的には面白かった 塩辛く香りに乏しい 植物性の旨味が強い ソリッドな感覚を舌に覚える

旨いとは言えないが面白いし、それもまた駅そばだ

 

ホテルをチェックアウトし周りをブラブラ

駅周辺は本当に住宅街なんだなぁ

お城周辺に行かないと観光はできないかもね

 

1045 駅へ戻り開店前の店へ

f:id:equipment:20151216200256j:plain

ラーメン二郎 会津若松駅前店

 

俺で4人目といったところ

定刻よりコンマ10早い時間に開店

噂通り店は大変広い 小上がりもある

フツーのラーメン屋みたい
カウンターがやけに高い 店員の作業が確認できないようになっている
各席ペーパー配備 ここら辺もフツーのラーメン屋
ちょっと前日に酒飲みすぎたので日和って小ラーメンに

f:id:equipment:20151216195641j:plain

小ラーメンニンニクヤサイアブラ
カウンターから降ろす際に増した脂を落としてしまった
 
麺からいただく
麺はやや細めで輪郭残りつつ汁染みて旨い 小麦感にやや欠けるが
プースーは見た感じ乳化感バンバン感じる
飲むと豚の香りは感じるが豚ダシは弱めで課長で食わせる感じ しょっぱくはない
野菜はバリバリした野猿と同じようなもの 量が凄い もやし9割
ニンニクははっきり言って少なくて効き目もない
豚はトロントロンになって食感最高 味付け薄め
 
ちょっと俺の好みとはかけ離れたもの
なんだかチグハグした印象
麺が意外と少ない 最後野菜だけ食べてる状態に
野菜が多すぎて途中で飽きてしまった
野菜がクタになってくれればなぁ
まあ開店したばかりというのもあるかも
次来たらカラメにします

f:id:equipment:20151216200345j:plain

 
今回の目的の一つでもある変わった鉄道に乗る
会津鉄道の「AIZUマウントエクスプレス」と東武スペーシアで乗り継いで東京に帰る
普通は郡山まで行って新幹線だな
 
人生2回めのディーゼル
JR線内は左右にヒョコヒョコ揺れるが会津線に入ると安定
会津高原まで行くとこんな光景

f:id:equipment:20151216200546j:plain

2時間ほどディーゼル

鬼怒川温泉までつなぐこの列車はもう乗ることはないな

貴重な体験を噛み締めた

鬼怒川温泉ではスペーシアに連絡するが3分程度しか待機時間がなく写真もろくに取れない

f:id:equipment:20151216200815j:plain

逆光やんけ!

そんなこんなで旅は終わり

 

ではなく

夜も行きますよ

仙川まで

ちょうど18時着で外待ち5人

店内はすっげー歴史感じる

店自体はもう古株だ

店主はtoeの美濃さんに似ている

店主と助手はなんだか謎の連帯感を感じる

この旅を〆る一杯お願いします

f:id:equipment:20151216201230j:plain

小ラーメンニンニクヤサイアブラ

カウンターから降ろす際にドシリと重い
麺をひと口
麺はしっかりした食感 量もある 汁もしっかり感じさせる
プースーは非乳化で何だか飲みやすい 恐らくしょうがが効いている
これにアブラの甘さと旨さがプラスされる
野菜はシャキとした具合だが量は多くない
豚にはビックリした 脂身が半分ある個体1つ
ザクとしたワイルドなもの1つ
ワイルドな方は美味かった 脂身の方は各々好みだと思います
ニンニクを混ぜると風味旨味が広がるが量は多くないので効きすぎない
とにかく麺量が多いが比較的軽やかにいただける一杯
近所にあってほしい安心感ある一杯
 
これでこの度の旅は終了
札幌はとてもじゃないが行けないな