読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年12月15日の話 とんかつ 肉料理 麻釉

たまにはラーメン以外も食べたい

そんな思いでたまに通う店

f:id:equipment:20151221165912j:plain

伊勢原駅前にあるとんかつの店 麻釉(まゆと読む)

2年前ほどにリニューアルし異様に綺麗な店内

しかし出てくる料理はボリュウムが半端無く米の盛る量が異常

昔は米中盛で食えたけど今は無理

今回は定番で

f:id:equipment:20151221170224j:plain

ロースカツ定食

 

ジャンボなるメニューも存在しているが単純なロース肉の旨さを堪能するにはこれでいいと思う

米は写真では伝わらない量で300gはあるんではなかろうか

これを奇をてらっていない普通のソースでいただく

ものすごく肉がハイクオリティーとは言いません

しかし脂しっかり乗っかる

これをフライとしてしっかり揚げてある

上質なエビフライとかアジフライとかを想像させるパン粉の粒の大きさ

とんかつだとパン粉が細かく卵液の部分が厚めに塗られてハードな食感を演出している店が多いと思う

ここはそうではなく調理法としてのフライをしっかり行っている印象を持つ

一緒に頼んでいた物

f:id:equipment:20151221171234j:plain

鳥からあげ2個

鳥の胸肉をフリッター状にあげたもの

非常に薄めに下味がついたもので揚げ物としては面白いが唐揚げとしてはちょっと好みとは外れるもの

チリソースかなんかで絡めて食いたい

 

量的にも味的にも非常に満足

一点気になったのは米がちょっと柔らかかったのが

ギリギリアウトぐらいの柔らかさでした

新米だからかな