読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年4月19日の話 ラーメン二郎 相模大野店

f:id:equipment:20160420150831j:plain

spring has come

もう夜も寒くないしコートも仕舞える

と思ってシャツ1枚だとまだ夜は風が出ると冷える

冷える体を抑えるために

f:id:equipment:20160420150850j:plain

ラーメン二郎 相模大野店

 

18時丁度着で店内待ち2

おそらくファーストの方が食べ終わるタイミング

チョー怖そうな店主の目の前に着席

「一緒に並んでご案内できないです」って言ってるけど席が空けばしっかり相席対応してくれる見た目の怖さとは裏腹な優しい店主

平日しか来ないからかもしれないけど

とにかく穏やか

f:id:equipment:20160420150907j:plain

小ラーメン ニンニクヤサイアブラ

まず見た目が美しい

f:id:equipment:20160420150929j:plain

ヤサイコールでいい高さ キャベツ度比較的高し

ヤサイからまず シャキ感高いもので中山店ほどじゃないけど野菜の甘さが感じる加減

もちっとアブラがかかってると野菜炒めライクにいただけそう

1/3ぐらい先に食う

f:id:equipment:20160420150946j:plain

麺はおそらく二郎の中で一番細いと思われる

細いしここはカタメができないのでデロった場合非常に悲しい食事になることが予想されるがそこはBestCook

万人がちょうどいいってくらいの茹で加減

量は二郎標準 イメージ的に野菜の量と麺の量が同じぐらい

細いので麺の存在感よりも汁の存在感をより感じる

スープは微乳で豚の香り溶け込んだもの

ややFZ抑えめ そこまでオイリーには感じない

優しさすら感じる

これに相模大野らしい細かいニンニクを混ぜると…

"お前のMADが目を覚ます"

凶暴なニンニクラーメンに

f:id:equipment:20160420151007j:plain

豚は巻っぽいやつが1つ 端っぽいのが2つ

巻はジューシー 端はホロッと

なんだか久々に千秋楽の炙り豚にありつきたくなってきましたよ

f:id:equipment:20160420151023j:plain

完食

なんだか汁増えましたかね 以前はもっとスープ少なくてちょっと寂しい感じだったのがそこそこ飲んでもこれぐらい残っているんで

次来たら賄いでもいただきたい そんな気持ちで後に