読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年12月14日の話 ラーメン二郎 三田本店

ラーメン二郎 三田本店

f:id:equipment:20161217194438j:image

人々が行き交う都心部

安らぎを求めて

f:id:equipment:20161217194454j:image

ラーメン二郎 三田本店

 

1730で空席多数

久しぶりの夜の部

東京に住んでた時は夜の部三田が1番食った二郎かも

空いてて店と社長の怪しさでさらに味わい深い

社長のラーメン自体は食ってるけどこの夜の雰囲気落ち着く

社長と藤沢の人と学生バイ

社長は総帥への愚痴というか小言というか家族ならではの愛憎入り混じったコトを言っていて家族って難しいんだなと思いました

夜の部ならではだと思うが麺カタカタなるコールも飛び出す

待つ事5分弱

f:id:equipment:20161217194513j:image

ぶたラーメン ニンニクヤサイアブラ

f:id:equipment:20161217194539j:image

f:id:equipment:20161217194606j:image

野菜だけで食う

つめた〜い

こりゃあかん

麺と混ぜよう

f:id:equipment:20161217194626j:image

麺はこれこれってぐらいの太めの平打ち

このフワフワ感こそ三田だよなー

何もかもブレブレな三田ですが夜の部は安定してるんじゃないの

混ぜてクタ野菜と一緒に食べるとこれこそ二郎だよとしみじみ

なんでも固く、なんでも過剰にする世の中にセイノー

f:id:equipment:20161217194642j:image

豚は三田にしてはボリューム少なめ

バサやトロ

色々なところがあって楽しいよ

しょっぱい味付けは安定の三田

f:id:equipment:20161217194701j:image

液体アブラまみれで全体的にトロトロ感満載

ベースのスープ自体は結構FZ強めで結構カラかったがアブラでマスクされてるね

ニンニクもそんなに効いてこないのでもっと増してもいいかもね

 

量はまさしく二郎標準と言えるものでそこそこ

怪しげかつ穏やかな夜の部はなんだかほっとする

やっぱり三田は麺がうめー

スーパームーンちっくな月を見ながら帰路につく

 f:id:equipment:20161217202704j:image