読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月18日の話 ラーメン二郎 上野毛店

ちょっとづつ仕事の成績が上ブレてきたので心も穏やかになりました

なんで1年ぶりに来ちゃいました

f:id:equipment:20170121144148j:image

ラーメン二郎 上野毛

 

約1年ぶり

夜の開店時間丁度で15ほど待

開店したら席が埋まった状態で外待5

この日はまだ耐えられる寒さだったから何とか頑張る

1820入店

見た目は怖いけど話せば完全に下町のラーメン屋のおっちゃんな店主

ガタイはいい見るからに優しそうなメガネ助手

あったか二郎が待っている

f:id:equipment:20170121144203j:image

大ラーメン ニンニクカラメアブラ

 

生たまごですき焼き風にしたいと思いました

高さはないが丼大きくギッチリ入った麺が大ラーメンであることを主張

f:id:equipment:20170121144234j:image

こういう高さはないラーメンは上からのショットが美味そうに見える気がする

f:id:equipment:20170121144250j:image

麺硬め希望が非常に多い上野毛

デフォの硬さをチェック

まあ硬めにする気持ちもわからないではない

細めで確かにデロりやすいとは思う

でもこれBestCookやで

汁染み感モチ感あってこの細さだからこそのズバズバ食える感覚

これぞラーメン

なんとなく昭和を感じる

f:id:equipment:20170121144307j:image

豚はカチっとしつつも端に脂身あり

二郎の豚らしい豚だ

しょっぱく味つけられてるのもいい

f:id:equipment:20170121144325j:image

アブラ増したスープはカラメにしたこともありFZ先行して効いてくるもの

さらに課長感そのあと大量のアブラの香りと旨味が襲ってくる

ニンニクもバッチリ

舌がしびれてくる感覚もまさに二郎

量は大ラーメンだと意外とあるね

中山より多い感じ

f:id:equipment:20170121144337j:image

外に出ると高校生と思わしき若者数名

羨ましい学生生活やな

ワタシが高校生に戻って地元に二郎があったら毎日通ってしまうだろうな

食った後また家でもメシ食うと思う

f:id:equipment:20170121144352j:image

昭和のラーメン屋的ノスタルジーと二郎的暴力性を兼ね備えたオールドスクール二郎堪能しました

なんとなく三田が捨ててしまったものがここにはまだ残っている感じやね

これで近ければ毎週通うな