読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月25日の話 ラーメン二郎 京急川崎店

ラーメン二郎 京急川崎店

f:id:equipment:20170128144908j:image

この日は川崎へ

 f:id:equipment:20170128144931j:image

マッドマックス怒りのデスロードのブラック&クローム版をチネチッタのLIVE ZOUNDで鑑賞

感想

これただの神話やん

伝記物ですわ

これには思わずSo shiny,so chromeと呟いてしまった

音響面

立川極爆が重低音に力を入れているとすればこちらはそれ以外の音域も力入れたものという印象

特に弦の響とキレがすごい

席も快適だし家からも近いしこりゃあ立川より川崎かも

f:id:equipment:20170128145017j:image

でもモノクロ写真は難しい

そんな素晴らしい環境のチネチッタから広く知られたイメージ通りな旧東海道沿いの川崎を歩いていく

f:id:equipment:20170128145037j:image

ラーメン二郎 京急川崎

ビクスク写ってるの川崎らしくてすき

 

夜の部開店前の1755で待15ぐらい

思ったより混んでる

f:id:equipment:20170128145056j:image

並んだ瞬間電気ついた

席は当然埋まり店内待ち

癒し系店主と癒し系ヒゲメガネ助手

なんて穏やかな店内なんでしょう

20分ほど待ち席へ

ちと席狭い

立ち飲み用語でいうダーク状態にかるくなりながら待つ

1828

時は来た

f:id:equipment:20170128145113j:image

大ブタ 全部多め

f:id:equipment:20170128145149j:image

豚が見るからにうまそうやな

なんとなく巻いているようにも見える

 

野菜を少々

シャキでもクタでもないけどヌルめ

まあ野菜が冷たいぐらいが二郎だし

f:id:equipment:20170128145202j:image

麺うおん

細めの麺はすすりやすい

硬めではないがデロでもない

やはりスタンダードとかセオリーになっているものは理由があってそうなっているわけで

一般的にラーメンと言われているものの太さ

これから逸脱して太くなってしまうと「ラーメンではなく二郎」とかいう訳のわからない言説につながっていくのかも

つまりはラーメンとしてうまいってことです

すするという行為の楽しさみたいなものを感じる

f:id:equipment:20170128145216j:image

豚は個人的に当たり!

巻ではなかったけどバラ肉に近い食感と柔らかさ

これ炙っただけでも絶対うまい

味付け薄めなのも優しくてよい

f:id:equipment:20170128145227j:image

優しさ感じる甘辛いスープは軽やか

それだけに毎日食べたい

ラ王ラーメン二郎京急川崎店味とか出すべき

量は大でも藤沢の小と変わらないぐらい

なんでスープ半分ぐらい飲んで満足

川崎に住みたい

f:id:equipment:20170128145243j:image

探しているそうです